紙粘土の車作り    紙粘土の工作 トップ  > 車の芯材作り > タイヤ作り > 車体を作る  
1、車に紙粘土をまき付ける、バンパーを前後に付ける。タイヤの位置にフェンダーを付ける。画像は、タイヤは添えているだけで外れます。乾いて、色塗りの後でボンドで止めます。 2、翌日ほとんど乾く、窓、ヘッドライトの輪郭をヘラで表す。
もう、塗っても良い状態です。
3、また翌日、車体に水彩絵の具で色を塗る。 
タイヤは、塗ってから、工作用ボンドで車体に付ける。
絵の具もボンドも乾くまで待つ。
4、ちょっと乾いたところで枠を塗ったりして、乾いたら水性ニスを塗った。少し置いて2度塗った。
完全に乾いていたが、ニスのハケで少し擦れば絵の具が溶けた。置くようにニスを気をつけて塗った。
特に、タイヤの紺色は、最後に塗った。油性ニスならいいのだろう(今度はラッカーが臭います)。

   
Copyright (c) クレヨン則さん All rights reserved  クレヨン似顔絵集